▲ ZENEROKU ▼

日々の独り言、洋楽語り?にヲタ落書きだらけ。 ※BL的表現有ります。注意書き見ての閲覧後苦言受付致しません。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

勝手に独りで加工遊び

久し振りにフォトショップで落書きしたので、も一つ腕慣らしに加工遊びも。してみた…
まずは普通に塗った物の加工無しver.↓

rensiu1

次↓はほんのり加工、というより、
レイヤー複製→ぼかし→レイヤーの種類をオーバーレイに変えただけのもの。
簡単にぐっと柔らかく鮮やかな色合いになるのでお勧めです^^b。↓

rensiu2

お次↓はもうちょっと遊んでみました。
バックライトでグラマラス&妖し気に。(なんだそれ)
1。新規レイヤー(乗算)で暗色バケツ塗り。
2。明色入れor消しゴムでハイライト入れ。
3。選択範囲で人物以外の所を選択して、明るい色でエアブラシペンでバックライトを塗る。
(レイヤーの種類を「覆い焼きカラー」にします。)
4。これ↑を2、3つ複製して各々違うカラーに変更したり彩度変更ets…

と色々試すと面白い効果が得られたりします。これはハマる…
仕上げに又又新規レイヤーにて好みの色(なるべく暗色)選択し、画面に好きな方向から
グラデーションをかけて、レイヤーの種類を「比較(明)」にしました。(好みで%調整したりも。)
これにより絵の暗部が少しマットな感じになって明暗が強くなり過ぎた所が柔らかくなった…かも!^^^^^^^^

rensiu3

さて此処からが本当の意味での「加工」?
おなじみの「フィルター」を使う事により、自分の絵が見違える様に変化する実に美味しい
機能ですね^^
お次↓からとても簡単な方法を幾つか…
↑の完成絵に「フィルター」を使用し加工してみました。レシピ?は以下の通りです^^
(珍しくちょっとメモに取っておいた…)

1。元絵の複製コピーを作ります。
2。フィルタの「ブラシスクロール」→「ストローク(斜め)」(※斜線の方向はお好みで。)
3。「画像調整」→「色相/彩度」→「彩度」を幾つか上げる。
4。レイヤーの種類は…し…失念…っ!確か覆い焼きカラーかリニアライトだったかと…

このストローク(斜め)のフィルター、中々面白い仕上がりになります。
イラストによって使い易さは異なって来る場合も有るかもですが、色々遊んでみると思わぬ効果を発揮する憎めない奴…

rensiu4

次はフィルターの中でも結構ポピュラーな「ノート用紙」を使った加工方法です。(大まかにしか記憶無いけど…^^;

上記と同じく3番目のイラストを使用しての加工。
1。元絵を複製コピー×2。
2。コピーしたものを「ぼかし」→「画像調整」→「色相/彩度」で彩度up。&%を好みの濃さに下げる。
3。「1。」で作った2つ目の複製レイヤーでフィルターの「スケッチ」→「ノート用紙」を選択。&ノート下地の濃さやライトの位置等の微調整)。

仕上げに此れ(3。)を好みのカラーリングに変えたり、色彩、濃度調整等するとまた更に違う表情になったりします^^b

rensiu5

以上うろ覚え自己満足加工講座でした。
お役に…たてるかわかりませんが…






スポンサーサイト

| 創作 | 04:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。